円高の今、始めたい外貨建て金融商品

外貨建て金融商品の定番、外貨預金。どうしても金利の高さ、手数料の安さから最近はFX(外国為替証拠金取引)に人気を奪われがちだが、あらためてその商品性に関して解説してみたい。

外貨建て金融商品のそれぞれの特長

「円高」というと、ニュースなどでは輸出が鈍る、企業業績にとってマイナス…などと、悪いイメージが先行して伝えられがちですが、円が高いということは、海外の物を買うには都合がいいことになります。

 

また、個人投資家にとっても、いま外貨(あるいは外貨建て金融商品)を買う=外貨投資はお得だということになります。もちろん、外貨投資をするということは、いずれはまた円に戻して投資収益を確定させるケースが大半ですから、そのときにいまよりさらに円高になっていたならば、結果として投資は失敗だったということになってしまいます。

 

しかし、たとえばドル円レートでいえば、円はいまが過去最高水準の高値圏であることは事実であり、物事には限度があるということからすれば、「いまを円高のピークとみて、外貨投資をしてみる」という選択肢も、十分に検討する余地があるといえます。

 

それでは実際、どの外貨建て金融商品を選べばよいのでしょうか。一口に外貨投資といっても、さまざまな外貨建て金融商品があります。FXで外貨を買えば外貨そのものですが、ほかにも投資信託・ETF(投資対象が外国のもの)、外貨預金、外貨MMF、外貨建て債券、外国株式などです。

 

何がよいか、自分に向いているかを考える際のポイントは、「外貨建て金融商品」といってもベースとなっている金融商品は、まったくの別物だということです。たとえば為替レートの変動(為替差益)を狙うだけなら、そのままFXで外貨を買うのがいちばんシンプルです。

 

為替差益を狙っているのに、外国株式に投資したとしましょう。外国株式を買うと、為替レートの変動以外に、その企業の業績によっても投資収益が影響を受けることになります。仮に円安が進んでも、肝心の株価が急落していたら、ほとんどリターンが得られないということになります。

 

つまり、為替差益を狙いたいのか、それとも投資先になるマーケットの値上がりも含めてリターンを得たいのか、ということによって、選ぶべき外貨建て金融商品は大きく変わってくるのです。本特集では、いま日本で買える外貨建て金融商品の代表格である外貨預金の特長やメリット、デメリットをわかりやすく解説するとともに、その上手な儲け方と注意点について徹底解剖していきます。

外貨の銀行口座

 

 

円高は海外旅行のチャンス

また円高とき、海外旅行、海外でブランドなどを購入するチャンスです。ブランド品はあくまで消費財なのでやすければやすいほどお得なのは言うまでもないでしょう。たとえば私は先日、フランスに行ってきました。GUCCIの靴が370ユーロ(EUR)でした。ユーロが1ユーロ160円のとき、買ったら59,200円だったのに、私がフランスにいったときは106円だったため、39,220円で買うことができました。このように円高の際は、海外旅行、海外でものを買うときは非常にお得なのです。もちろん海外ではクレジットカードで決済したほうが手数料はもっとも安いです。VISAでは1ユーロ0.80セント、キャッシュは約2円の外貨両替手数料がかかるため、倍以上の開きがあります。クレジットカードで有効な買い物をしたいものです。また、アメックスなどのゴールドカードなら空港ラウンジ、荷物の無料配送もついているため非常に利便性が高いと思います。